多汗症仕事

多汗症でもできる仕事って?


緊張すると汗をたくさんかく多汗症だと、仕事をする上で何かと不安に感じるものです。

多汗症でもできる仕事ってあるのかなと心配になってしまうのも当然です。

主に人と接するような仕事だと、緊張しやすいしストレスを感じて余計汗をかいてしまい、人に見られて恥ずかしい思いをするのではないかと考えるだけで憂鬱になりがちです。

例えば、特に手掌多汗症の場合、精密機械を扱う仕事だと汗で機械が壊れてしまうのではないか、

医師や看護士など医療系の仕事では汗で器具が滑ってしまうのではないか、紙を扱う仕事だと汗で紙が濡れて仕事しにくいことになるかもしれません。

しかし、自分で普段から汗に注意していれば、さほど仕事にこだわらなくてよいという意見がほとんどです。

多汗症の人でも医療や精密機器に関する仕事に就いている人も多いものです。

タオルを持参してこまめに手汗を拭いたり、インナーを必ず着替える、トイレなどで体をこまめに拭くようにするというように、

工夫次第で人に不快感を与えることもなく、仕事に慣れないうちは大変ですが、仕事に支障をきたすということもなくなるものです。

当サイトの人気ページ



私が試した色々な手汗対策について


TOP PAGE