手汗自律神経

自律神経を整えれば手汗は止まる?


ここでは手汗と自律神経について記しています。

手汗がひどい原因のひとつとして自律神経の乱れが考えられます。

自律神経とは別名交感神経ともいい、

・体内の温度調節
・内臓の働きの制御
・汗の分泌


に作用する神経です。

何かが原因でこの自律神経が乱れてしまっている場合、尋常じゃない汗が出てしまったりすることがあります。


乱れが自律神経を整えれば手汗は止まる?


で、この乱れた自律神経を整えれば手汗は止まるのか?と言うと、

結論から言えば止まります。

 




じゃぁどうやって自律神経を整えるかと言うと、

・規則正しい生活
・食べ過ぎないこと
・ウォーキングなどの有酸素運動


を行うことで自律神経は整います。

 




特に規則正しく朝ちゃんと朝日を浴びること、そしてウォーキングなどの有酸素運動でしっかりと汗を出すこと。

このあたりを行うことは手汗予防にも繋がってきますので、軽く見ないでしっかりと意識なさってください。


とりあえず手っ取り早く手汗を止めるには?


上に書いたことで自律神経は整いますが、

さすがに今日、明日に手汗は止まりません。

そこで手っ取り早くて汗を止めたいあなたには私も使っているデオドラントをお勧めします。

こちらのページで私が使った感想なんかについても書いていますので読んでみて下さい。

 



当サイトの人気ページ



私が試した色々な手汗対策について
自律神経を訓練すれば、手汗が止まるのでしょうか?手汗がひどくなる原因の一つに、自律神経の乱れがあります。ですから、自律神経の乱れを改善したり、自律神経の訓練をすることで、手汗を止めることができる場合もあります。自律神経の乱れを治すためには、生活習慣を改善する必要がありますし、一日や二日実践したくらいで、すぐに手汗が止まるものでもありません。他の手汗対策法と平行して行うというのがいいでしょう。また、自律神経の訓練方法にも色々なやり方がありますが、呼吸法というのが最も手軽で続けやすい方法だと思います。自律神経の訓練をするための呼吸法は、丹田呼吸法といい、みぞおちのあたりにあるといわれている丹田を意識して呼吸するというものです。この丹田呼吸法には、手汗を止める効果の他にも、様々な効果が期待できますから、手汗に悩んでいるのなら試してみてください。ただ、丹田呼吸法は、一般的な深呼吸や腹式呼吸とはやり方が違いますから、マスターするまでに少し時間がかかるかもしれません。


TOP PAGE